メンテナンスをして長く使い続けている日用品

メンテナンスをして長く使い続けている日用品

私が長く使い続けているのは、傘です

私が長く使い続けているのは、傘です。
何度か雨風によって骨が折れたのですが、その都度修理屋さんに持って行き、安価で修理してもらって使っています。理由は、買った傘が大体二千円したのに対し、修理費が骨一本につき二百円しかかからないからです。
傘が壊れるたびに新しく買うよりも、非常に安価で済みます。また、壊れた傘を捨てるのは分別が面倒ですので、古い使えない傘をどんどん増やすことは自分の面倒を増やすことだと考えています。
修理にかかる時間も短いのです。
骨一本なら、目の前で十秒ほどで直していただくことができました。
買い物ついでに傘を修理に出して、帰りに受け取って帰る、ということができます。ボロボロに大破したビニール傘であればまた違うと思いますが、ある程度高い傘を使っていたり、少し骨が折れているくらいのことであれば、修理をして使う方が圧倒的にメリットがあると思います。
雨が降らなくなるということは考えられませんし、傘はこれからも必要になると思います。できるだけ安く、長く使い続けていけるように、傘はメンテナンスをして使うべきではないでしょうか。