メンテナンスをして長く使い続けている日用品

メンテナンスをして長く使い続けている日用品

我が家のメンテナンスをして長く使っている日用品は

我が家のメンテナンスをして長く使っている日用品は、母の回転座椅子です。
ずいぶん前になりますが、足と腰が悪い母のために、手すり付きの回転できる頑丈な座椅子を買いました。
座り心地を確かめて、母の気にいる椅子を求めて売っているお店をあちこち探しまわって、ようやく手に入れた品です。

できるだけ頑丈なものを選んだのですが、立つ時に体重をかけてしまったり、年月を重ねると、やはりあちこち傷んでくるものですね。もともと座り心地が良かったということの他に、愛着も湧いているので、そう簡単に手放すことはできません。
そこで、父が慣れない手つきながらも、日曜大工用品が売っているお店で板や釘を買ってきては、傷んだところを修復しながら使い続けています。見た目は買った当初よりも、ずいぶん不恰好になってしまいましたが、母の想いだけでなく父の想いも加わったので、余計に手放すことができなくなりました。

本当に座ることが困難だという状況になるまでは、このまま修理を続けながら、できるだけ長く使い続けたいと思っています。