メンテナンスをして長く使い続けている日用品

メンテナンスをして長く使い続けている日用品

年末に、食卓の椅子のカバーを張り替えました

年末に、食卓の椅子のカバーを張り替えました。
もう20年以上も前に、テーブルとセットで新築の祝いに頂いたものです。
椅子とテーブルのセットのため、処分するにも、新しく買い換えるにも決心が付かず、しかも、頂き物であることもあり使い続けています。これまでにも、椅子の差し込み部分が抜けてきたので木工用ボンドで留めたり、木工用ねじで固定したりしていた椅子です。
最近はカバーが破れて中から劣化したスポンジがボロボロとこぼれてくるようになっていたので張り替えることにしました。

ホームセンターで新しいスポンジを買い、手芸店で帆布を買い、古いカバーを外してタッカーで留めていく。こう書いてしまえば簡単そうですが、古いタッカーの歯を外すのが結構大変で6脚張り替えるのに3日かけてしまいました。
やってみると意外ときれいにできるもので、達成感がありました。
張り替えた椅子の座り心地は思わず「おーっ」と声を出してしまうくらい気持ちの良いものでした。
この調子で、定期的に手直ししていけばまだまだ使える、そう実感しました。