メンテナンスをして長く使い続けている日用品

メンテナンスをして長く使い続けている日用品

子供が幼稚園に通う前に用意したのは、上靴入れと絵本バッグでした

子供が幼稚園に通う前に用意したのは、上靴入れと絵本バッグでした。

子供と一緒に布を買いに行って、肩にかけるひもの長さを調節し、自分でも結構頑張って作ったバッグです。
子供たちももう大きくなってそのバッグは使わなくなったので、今ではわたしの仕事用のバッグとして使っています。デザインはともかく、サイズがちょうど良いので気に入っているんです。
当時頑張って作ったこと、子どもが喜んで毎日園に持って行ってくれたことなど、思い出深い大事なカバンなんです。

長く使い続けていると、表につけたアップリケが壊れたり、カバンの底面が擦り切れてきたりするなど不具合もあちこち出てくるけれど、それを毎回補強したり補修したりして大切に使っています。
子どもからは「もうボロボロだから違うものにしたら?」と言われるのですが、これは子供とわたしの大事な家族の記録や思い出の一つ。底が抜けちゃうまで使い続けるんだと言ったら、子どもも嬉しそうに笑っていました。