メンテナンスをして長く使い続けている日用品

メンテナンスをして長く使い続けている日用品

若い頃の私は

若い頃の私は、何でもその場しのぎの安物を買い、それがすぐ壊れて使えなくなり、新しい物をまた買うというループでした。

しかし、今は考えがだいぶ変わってきました。
今でも高価な物は買えませんが、粗悪品を買うよりは少し金額が上がっても長く使えるものを買うようになりました。

考え方を変えてくれたのは夫です。
夫は古いものを大切に使う人で、ガレージに整理してある工具は長く使っているもののひとつです。
現在はプロ顔負けの工具一式がホームセンターなどで手頃な価格で購入できますが、夫の工具は新品で購入したものではなく、ガレージセールや時にはアンティークショップで見つけてきたものです。
もちろん満足に機能するということも大切ですが、見た目や手に持った時にしっくりくるかなどで選んでいるようです。
そうやってひとつひとつ集めてきたお気に入りの工具を磨いたり自分で調整をして使い続けています。
この感覚が素敵だなと憧れに似た感情を抱いています。私もキッチン用品や裁縫道具などは、これからの人生でずっと長く使えるものを集めていきたいと思います。